絵を描いているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

絵を描くのにはまったきっかけは学生時代の課題。自分が遊んだ公園の絵を一生懸命に描いたら先生に褒められました。お世辞かもしれませんが、先生に褒められて有頂天になった私は絵を描くことにのめりこんでいきます。当時はデッサンとかパースとか全く分からなかったのですが、我流で絵を描いていました。高校生になってバイトをするようになってからは画材店などで絵の専門書を買って絵の練習に明け暮れていました。絵を描いていて嬉しいことは「上達している」と実感できたときです。描きなれていないものを描くときは実物を見ながらでもうまくかたちがとれませんが、何度も描いていくうちに必ずうまくなります。最近は自分の描いたイラストをスキャナーに取り込んでphotoshopで色を塗っています。絵具で色を塗る場合ははみ出したらやり直せませんが、デジタルの絵の場合は何度も簡単にやり直すことができます。その他にも便利な機能が満載なので気軽に作業ができます。絵を描いていると1日があっという間に終わってしまいます。貴重な休みを充実して過ごすことができるのは趣味のおかげだと思います。

絵を描いているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。