スーパーファミコン用ゲームソフト・桃太郎電鉄HAPPYに関して

私は小学校の頃、スーパーファミコン用ゲームソフト・桃太郎電鉄HAPPYというゲームをやっていた。買ってもらったきっかけは地理に詳しくなりたいからだった。ゲーム内で目的地を指定され、その目的地を目指して皆、奮闘するというゲームである。目的地を目指す中、日本全国にある様々な駅に停車して物件を買ったり、プラス駅、マイナス駅、カード駅などに止まったり、自由度が高い分考えることも多くなり、なかなか一筋縄ではいかない部分も面白い部分の一つである。目的地に誰かが到着した際に、その目的地から一番遠い場所にいる鉄道に疫病神が付いてしまうというのも良い設定だと思う。ゲームは最長で99年までプレイが可能であり、やり込み要素もあるのでこのゲーム一本で長い時間楽しむことが可能である。今現在は多くのシリーズが発売されているが、桃太郎電鉄シリーズではHAPPYしかやったことがないので、別のシリーズの作品もやってみたいと思う。

スーパーファミコン用ゲームソフト・桃太郎電鉄HAPPYに関して